FACILITATOR

まなばんば葉山の講師のご紹介

まなばんば葉山では講師のことをファシリテーターと表現しています。ファシリテーターとは、元々はカウンセリングやグループ運営の方法から生まれた言葉で
相談者や参加者に指示したり教えたりするのでなく、自発的な活動を引き出してくれる人です。
私たちは、子どもたちの生きる力は、本来子どもの中にある力であり、それを一定の年齢のときに子ども自身が気づき引き出すお手伝いが必要だと考えています。
私たちの講師は、引き出すお手伝いの専門家でありたいと考えていますので、ファシリテーターと呼んでいます。

ファシリテーターのご紹介

平田豪成

まなばんば葉山代表。五感作文担当。全国に70校の専門学校を運営する滋慶学園グループ元常務理事。2020年3月に退職するまで、職業教育・キャリア教育の独自システムを作りあげて、中途退学を大幅に削減。また「生きる力」を育む保育園グループを新設し都内各地に展開した。著書「中退ゼロの奇跡へ」「子どもたちの生きる力を育む学び場」等

平田昌子

企画広報、五感アート担当。多摩美術大学デザイン科卒業、元リクルート制作担当。現在はフリーのグラフィックデザイナー、海を主テーマにした陶磁器作家。博物館学芸員資格取得。裏千家茶道専任講師。AIFAプラクティショナー。シュタイナー教育教員養成講座修了。みらい育ティーチャーズ、ぬり絵指南。

中村さかえ

表現力トレーニング五感英語担当ファシリテーター。世界の絵本や物語を通して「ことば」と一緒に「こころ」を育てる英語教室を地元葉山と鎌倉にて開き、楽しく活動中。幼児から大学生まで、幅広い年代の交流活動も同時に行っている。あそび発達インストラクター取得。

小林大輝

五感作文担当。1994年生まれ。2017年ピクシブ文芸大賞にて大賞・テレビ朝日賞を受賞後、2018年に幻冬舎より「Q&A」を出版・作家デビュー。2020年「植物癒しと蟹の物語」をコトノハ出版より刊行。まなばんば葉山や都内の教室で作文講師。子どもたちが人知れず抱える想いを吐き出せるよう、そっと寄り添うことを大切にしている。