2020.4.2. 昭和の教育者 林竹二②

「教育においては、教えるということの根底に『育てる』ということがなければならない。
成長を助けるという意志がーさらに生命にたいする畏敬の念のないところには、教育はない。」
林竹二先生の言葉です。直接人となりを知っているわけではないのですが、
本を読むかぎりこの言葉のままに生きた人だったと思います。

時期ごとに子どもたちの変化を振り返って考える時、とても嬉しい気持ちになることがよくあります。
子どもたちの成長を感じて、少しジンとなることもあります。
人の成長の手助けができるなんて、本当に幸せなことです。
教育の本質について深く考えるきっかけを与えていただいた林先生に感謝しています。(豪)

*小学生のための特別なアフタースクール「まなばんば葉山」月水金の4ー6時に教室を開催!
*4月5日まで春休みをいただいております。
4月6日(月)より通常通りの予定です。