まなばんば葉山日記

子どもの生きる力を育む学び場の日記

2019.6.16. シュタイナーの国語と数学

朝から三鷹まで行き、シュタイナーの国語と数学の単発講座に参加しました。
まず国語。母音は惑星に対応し、子音は星座に対応しているって話はとても興味深かった〜。リズムと音に注目して、「朝と夜」もしくは「夏と冬」がお題の詩を作りました。
数学は平方根について。√2はヒトヨヒトヨニヒトミゴロって、なんとなく覚えてはいる。だけど単に数の羅列ではなく、図形を実際に描いてみると、とても楽しく入っていける!こんな風に勉強できたら、数学好きの人が絶対増えるだろうなぁ。小学生向けの掛け算なども体を動かしてできるワークを教えてもらったり、(これは練習が必要だわ〜><)とても充実した講座だった。 そして20数名の参加者のうち、なんと、葉山から3人もの受講生が!! 以前にも単発講座で、お隣に初対面の葉山の人が座っていました。葉山はどんだけシュタイナー密度が高いのか!その上、帰りの横須賀線で、まなばんば英語ファシリテーターの中村さんとお会いするというなんとも奇遇すぎる一日でした。

Category: 2019, アート, 作文, 研修