まなばんば葉山日記

子どもの「生きる力」を育む学び場、まなばんば葉山の日記

2018.4.19 ぬり絵指南

ぬりえ指南のマコダモンです。
まなばんば葉山で、子どもたちにデッサンを教えようとしたことがあるのですが、小学校低学年の子たちには、黒白で地味なせいか、なかなか難しいと感じていました。
そんな時に、この「光とかげを思考するカルダモンのぬり絵」に出会いました。http://www.aomushi.com/coloring.html
ただ色を塗るだけではなくて、光と影の表現を取り入れ、ぼかしを入れたり濃淡をつけたり、立体的に見えるように塗っていきます。
色鉛筆でデッサンするような感じです。
これだったら、子どもたちも楽しく取り組んでくれるかも!と、養成講座を受講し、ぬり絵指南になりました。
正直いうと、「ぬりえなんて子どもの遊び」程度に思っていたのですが、これがなかなか楽しい!私自身がハマってしまいました。
教材の一つ「ぬり絵日記」は、16匹のカルダモンが載っていて、
背景は真っ白なんです、自由になんでも描いていいのです。
まず、太陽や電球などの光源を描きます。
キャラクターのカルダモンに、そこから光が当たっているように見えるように色を塗ります。
濃淡をつけながら色を重ねていくことで、立体的に見えてきて面白いです。(立体概念思考は前頭葉を活性化するそうです)
背景に何を描こうかなぁ〜と想像しながらの作業も楽しい!
15分くらいで描き終えるつもりが、気がつくと1時間近く経っていた!なんてことも。
このぬり方のテクニックを伝授する「光とかげのぬり絵教室」
ゴールデンウィークの葉山芸術祭参加企画として開催します。
4月29日13:00~15:00 @まなばんば葉山
参加費は特別価格の500円(通常は大人1500円・子供1000円のプログラムです)
対象は、だいたい5歳くらいから上限はありません。
脳活、セラピー効果、リラックス効果もあるぬり絵を楽しんでみませんか?
親子で楽しむGWというイベントですが、大人だけでも参加できますよ!